田舎の実家を売るにはどうしたらいい?

 

  • 両親が亡くなって、実家が空き家になった
  • 両親が老人ホームへ入居して、不要になった
  • その他、事情で実家に誰も済まなくなった

 

あなたが生まれ育った大切な実家ですから、売るべきか?このまま残すべきか?
迷っているかもしれません。

 

もし売るのであれば。、

 

  • 売却したらいくらかかるのか?
  • 具体的な処分の手続きは?
  • どれくらいの金額で売れるのか?

 

など、疑問がいろいろあるかもしれません。

 

また

 

  • 空き家でボヤ騒ぎがあった不安
  • 空き巣に入られたら、どうしよう
  • 固定資産税の負担がどんどん重くなる

 

といった、不安もあるかもしれません。

 

解決方法は簡単!不動産の一括査定サイト

 

不動産査定を応援する女性

 

不動産の売却・処分は一般的に、”不動産屋さん”に売買仲介依頼をします。

 

※不動産屋さんにあなたの実家の買主さん見つけてもらいます。

 

ですが、不動産屋さんは、空き家処分を得意とする業者さんから、賃貸メインの業者さんまで得意分野が異なります。

 

「近所にあるから、このお店にしようかな?」

 

と安易に決めがちですが、なかなか買主さんが見つからないケースがあります。

 

また、空き家を取り壊すかどうか?
譲渡所得税や控除などの問題はどうなのk?

 

より専門的な不動産業者でないと、後々面倒です。

 

※変な業者だと、本当、面倒です(汗)

 

そうした悩みを1分で解決する方法が一括査定サイトです。

 

不動産の一括査定なら60秒!

 

複数業者に60秒入力で一括査定依頼

 

完全無料

 

空き家の処分に強い業者さんが見つかりやすい!

 

相性の良い担当者も、一括査定!

 

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

 

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

 

イエイ

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】https://sell.yeay.jp/

 

 

 

 

不動産についてのQ&A

 

田舎の女性

 

不動産査定ではオンライン一括査定が便利なの?!

 

不動産査定は、オンラインの一括査定が便利です。

 

この方法には、3つのメリットがあります。まず一つ目のメリットは、自分の不動産を高く売れることです。

 

複数の会社が査定額を出してくれるので、その中で一番高いところに自分の田舎の実家を売却できます。

 

一社だけに依頼した場合は、その会社の出した金額が基準になり、それが高いか低いか判断するのは容易ではありません。

 

複数の会社の最低を頼むことで、自分の田舎の実家の本当に価値が分かるようになります。

 

二つ目のメリットは、気軽にできることです。必要な情報を入力すれば、売値が分かります。

 

その値は変わることもありますが、大幅に変わることはありません。実際に売れる価格に近いと考えて良いでしょう。

 

一括査定サイトには、これまでの情報が蓄積されているので、それをもとにした売値が出されます。

 

自分の個人情報を入力することになりますが、その情報は厳重に管理されるので、漏洩することはありません。

 

入力にかかる時間は5分程度です。長い人でも、10分以内には終わります。

 

すぐに結果が出てくるので、どれぐらい田舎の実家の売値になるか早めにわかるようになります。

 

三つ目のメリットは、良い業者が見つかることです。いろいろな不動産の業者が参加しているので、
その中で自分と相性の良い人を見つけられます。

 

 

不動産査定・売却で必要な書類一覧は徹底解説!

 

田舎の実家の不動産査定を依頼する場合には、その不動産の関連書類が必要となります。

 

最低限必要な書類としては、登記簿謄本で、なるべく新しい日付のものを用意しておきます。

 

古い登記簿であっても、変更がない場合には対応してもらえますが、正確な査定を希望するのであれば、新しい日付のものを準備しておきましょう。

 

また、登記簿謄本のほかに必要なものは、身分証明書や実印、印鑑証明書、住民票が必要となります。

 

これは、田舎の実家の売り主の本人確認の為に必要となる書類で、共有名義となっている場合には、共有者全員のものが必要となります。

 

また、登記済権利書や登記識別情報なども必要となります。

 

そのほかにも、土地の面積や測量を証明する書類、固定資産税納税通知書や固定資産税評価証明書などが必要となります。

 

不動産売却に当たっては、上記のような書類がないとスムーズに査定を行うことができませんから、事前に準備しておきましょう。

 

不動産査定を行って、売却費用を確認した後は、不動産会社に売却を依頼して家が売れるのを待ちます。

 

買い主が見つからない場合には、条件を見直していきます。

 

買い主が見つかれば、不動産売買契約を結び、抵当権の抹消や所有権の移転を行い、不動産を引き渡します。

 

 

相続した田舎の実家の売却:相続不動産の放置をするとどうなる?

 

田舎に実家があるような人も、通勤が不便であったり、新しく自分でマンションを購入したりすることによって田舎の実家には住む予定がないというような人も多いものです。

 

ですが実家に住んでいる親が亡くなり、自分が相続しなければいけなくなってしまったような時は、
その実家の固定資産税などの税金も自分が負担しなければいけなくなるので大変です。固定資産税は毎年かかるものですから、放置してしまうと支払いを滞納してしまうことにもなってしまうものです。

 

また、放置してしまうことによって庭の雑草や家の中の劣化も進んでしまうので、放置することによって放火の心配なども出てきてしまい、近所迷惑にもつながってしまうことになるでしょう。

 

ですから管理しきれないことによってどうなるのかわからないようであれば売却してしまうことも頭に入れると良いです。ですが売却するには更地にする、
もしくは住みやすいようにリフォームするということも大事になってきます。

 

そうすることによって売れやすくなりますし、相続不動産を抱えている期間も少なくすることができるでしょう。相続放棄するにしても簡単にはいきませんし、
管理するための代理人が必要になることもあるので注意しましょう。

 

 

 

任意売却の注意点:抵当権付きの不動産物件を売る手順

 

住宅ローンの返済が出来なくなった時、持っている不動産物件を競売にかけられる前に売却してその返済に充てるというのが任意売却です。

 

しかし抵当権付きである場合、自分の家であっても借金の担保となっている状態ですから、売却は不可能ではないのですが買い手が見つかる可能性が低くなります。

 

そこで、売る手順としては、まずは不動産仲介業者を探して契約し、売却のプランを練ります。

 

そして契約した業者に抵当権を持っている銀行や不動産会社などの債権者と交渉してもらい、抵当権を外してもらいます。抵当権とは貸し倒れを防ぐための予防措置ではありますが、
銀行や不動産会社としても競売で安く売却されるよりも、市場価格で売れる任意売却のほうがローンの残債を減らすことが出来るので、話し合いに応じてくれます。

 

ただし、複数の抵当権がついていて任意売却をしても配当を得ることが出来ないほど、
準備が後ろである場合には、抵当権を外す意味が無いので交渉に応じない可能性があります。

 

そのときにはハンコ代と呼ばれる担保解除料として、一定の金額あるいはローン残債の1割を支払うことで抵当権を解除してもらうことになります。

 

そこから買い手を見つけたあと、債権者に収益の分配などで話し合いをして納得しもらい、売買契約を結び、代金の受取、物件の引き渡しという流れになります。

 

 

田舎の実家を売る or貸す※どっちがいい?

 

 

田舎の実家を売るのか貸すのかどっちがいいのかというと、以下のチェックリストのチェックが大きい場合ほど、売った方が良いということになります。

 

  1. 住宅ローンが残っている場合
  2. その家に住む予定がもうない場合
  3. 固定資産税や修繕費などを払う余裕がない場合
  4. 値上がりは特に見込めない田舎の土地である場合
  5. 不動産屋への管理料(月に10,000円から20,000円程度)の支払いに抵抗がある場合

 

賃貸にした場合のメリットとしては、賃料として毎月安定した収入が得られるということがあげられますが、賃貸の場合は賃貸で税金や管理用などがかかってくるというデメリットがあります。
賃貸も意外とお金がかかりリスクも存在します。
貸す場合に生じるりすくですが、入居者がいないというリスクがあります。
たとえ入居者が入ったとしても永遠に住み続けてくれるという保障はありません。
入居者がいないと収入はありません。
でも税金を支払う必要があります。
人が住まない家は傷みが早いので、修繕費もかさみます。
家賃の滞納や夜逃げのリスクもあります。
以上のことから、チェックリストで確認をし、自分にとっては貸した方がいいのか、売った方がいいのかを判断する必要があります。

 

 

専属専任媒介(専任媒介)一般媒介の違い

 

不動産売却では、大きく分けると専属専任媒介、専任媒介、一般媒介という3つのタイプの契約形態があります。これらの契約タイプの違いについて理解をしておくことで、満足のいく不動産売却ができる可能性が上がります。

 

専属専任媒介と専任媒介は異なりますが、似ている部分が多いのでここでは一緒にして考えてみます。専属専任媒介と一般媒介の大きな違いは、複数の不動産会社と契約できるかどうかという部分にあります。一般媒介のほうでは複数の不動産会社と同時に契約を結ぶことが可能となります。利用者にとってはメリットが一番大きい契約タイプとなります。

 

しかし、不動産会社は仲介手数料をもらって利益を出していますが、不動産が売れないと仲介手数料を受け取ることができません。たくさんのコストをかけて販売活動をしたのに、結局は他の不動産会社に契約をとられてしまって、仲介手数料という利益がいっさい得られなかったという結果になる可能性もあります。

 

このように、不動産会社にとっては一般媒介は一番リスクが大きい契約タイプとなりますので、最初からコストをあまりかけないで販売活動をされてしまう可能性があります。その結果、利用者にとっても大きなデメリットとなってしまうことがあります。一般的には専属専任媒介(専任媒介)のほうがおすすめされていることが多いです。

 

 

マンション売却時、不動産屋とトラブル!事例を紹介!

 

マンション売却時、不動産屋とトラブルになってしまう方も多くいます。トラブルの事例の中でも特に多いのが、お金に関する問題です。例えばマンション売却時に、査定をしてもらって業者を決めたもののなかなか買主が現れないというケースもあります。査定額はあくまで目安なので、その通りに売れないのは仕方がないことですが、スムーズに買主が見つからないとイライラしてしまう方もいるでしょう。そこで査定額だけで不動産屋を選ぶのではなく、売却成立までのスピードを考慮して不動産屋を選ぶのも1つの手です。

 

また不動産屋と専任媒介契約を結んだために、トラブルとなってしまう事例もあります。専任媒介契約を結ぶと、契約期間中はほかの不動産屋と契約ができません。

 

複数の不動産屋でマンションを扱ってもらったほうが、スムーズにマンションが売れる可能性が高くなります。

 

専任媒介契約と一般媒介契約の違いを理解せずに契約すると、契約を変更したいと思ったときにトラブルとなるケースも見られます。

 

そのため実際に契約を結ぶ前に、専任媒介契約と一般媒介契約の違いを理解したうえで不動産屋とやり取りをすることも大切です。

 

何も知らない状態で契約し、後悔したときには遅いのです。

 

 

不動産査定サイト・イエイの評判はどうなの?

 

売却したい不動産物件をお持ちの方は、インターネットの一括査定サイトを利用して複数の不動産業者との連絡を取るという方法が一般化してきています。

 

そのようなサービスを行っているのが不動産査定サイトであり、近年は多くのサイトが存在するようになっているためにどこを利用すればよいのかとお悩みの方も少なくありません。

 

その中でも評判の高い不動産査定サイトは「イエイ」です。イエイでは不動産売却に関して専門知識を持っている質の高い専任スタッフがおりますので、
売却をしたいと考えている方がスムーズに不動産物件の売却を実現できるようにサービスを提供しています。

 

大切な物件をしっかりと最後までサポートしていく態勢が支持されているため、実際の利用者からも高い評判を得ている不動産査定サイトです。

 

売却したい不動産物件の査定はもとより、不動産に関わる相談をすべて無料で受付しているというところもポイントが高いところです。イエイは業界内でもサポート力の高さに定評がありますので、安心して不動産売却を任せることができるといえるでしょう。最大6社から無料の見積もりを入手することができるために、じっくりと納得して売却に進めることができます。